将来の夢 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2015年 10月 5日 将来の夢

みなさん、こんにちは。秋の深まりを見せる今日この頃ですね。

そんな秋には読書をしたい茅野です。ここ最近猛烈な勢いで読書を進め、2週間で3冊の本を読破しています。

秋といえばスポーツの季節ではないでしょうか。最近ではラグビー!!日本代表は素晴らしい快挙ですね。

そしてプロ野球、メジャーリーグはいよいよプレーオフに入ります!!

茅野としてはわくわくの季節であります。

そんな私もいよいよ就職活動を控えて、将来について考えています。

私の夢は「世界に日本という文化を広めるとともに、日本の子供たちに世界の文化を伝えるキャリア教育を行うこと」です。

といってもまだどうやってやるのかというところまでは落とし込みきれていません。なので直近のビジョンとともになぜこうした夢を持ったかを伝えたいと思います。

茅野が「日本」を意識したのは去年の春です。イギリス・ロンドンに留学した僕は、海外で日本語を教えるということに出会いました。そこで待っていたのは、日本のことは何も知らない自分でした。自分の国の文化も知らないことは本当に恥ずかしいことでした。そこから日本の文化を勉強するようになり、日本の文化の素晴らしさを実感しました。これをもっと広めたいと感じたのは、昨夏ベトナム留学に行ったことでした。グローバル化といわれる現代ですが、日本には海外の文化を受け入れる風習がありません。それと同時に日本の文化を広めていこうという風土もありません。いいものを持っているのに伝えない、グローバル化といっても外国の文化は拒絶する、そんな社会を変えたいと思ったのが今の夢につながっています。

ただそんな大それた夢を実現できるほどの技量も方法も持っていません。だから今はたくさん勉強し、さまざまな国に行き、いろんな文化に触れたいと思います。ちなみに来月、カンボジアに行きます!!

目の前にいる人たち、まだ見ぬ人たち、いろんな人と会話することで自分の進めべき道を見定めていきたいと思います。だからこそ英語は必須のツールです。これから大学生にこれだけは伝えたいと思います。どんな仕事をするにしても必ず英語は必要です。だからこそ、今受験勉強でも英語は大切にしてください。武器を持つことは未来の可能性を広げます。

まだ夢がない人。夢が決まっている人。やりたいことはあるけどできないかもと思っている人。信じることで可能性は無限大に広がります。

それではまた。あ、キャリア教育には触れていませんが、日本の学校には世界を知る機会がなかなかないのでというのが理由の1つです。この話はまたどこかでしたいと思います。

明日は「City Boy」の山中くんが「将来の夢」を語ってくれます。どんな夢があるのでしょうか。乞うご期待!!!!