学部紹介~商学部編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2015年 10月 2日 学部紹介~商学部編~

 みなさん、こんにちは!

 担任助手4年の田中です。

 

 実は私、昨日内定式に参加してきました!来年度から同僚になる多くの人と打ち解けることができて楽しかったのはもちろんですが、自分自身の夢に向かっていよいよ一歩踏み出す瞬間が訪れようとしていることに、少々身が引き締まる思いになりました。就職活動の話に興味がある人は是非声をかけてほしいな、と思います。

 

 さて、本日は学部紹介ということで、私の通っている商学部についてご紹介したいと思います。(あくまで個人的な考えなので、参考程度にしていただければと思います。)とはいえ、みなさんは商学部についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。多くの人に抱かれるイメージは以下の通りです。

 

「経済学部とか経営学部と同じでしょ?」

「どの学部行けばいいかわからないからとりあえず選んでおく学部」

 

などなど、多数あります。経済学部や商学部、経営学部は意外と「超メジャー学部の割には何をやっているかはよくわからない」という学部だったりします。そこで、こうした疑問を解消しつつ、商学部についての理解を深めてもらうため、本日は「経済学部、経営学部との違い」についてと「商学部について」の2つをお伝えしようと思います。

 

 

①経済学部、経営学部との違いについて(個人的な見解です)

 この話をする上で、両学部が属するジャンルである「社会科学」の歴史について語る必要があるのですが、あまり長くなっても仕方がないのでその部分はカットします。一言でいうなら「経済や経営なども理科系の学問のように数理的に分析できるはずだ」との思いから社会科学というジャンルが発展し、経済学という学問が生まれたということです。(あくまで個人的な見解です。)そうした歴史から誕生したこともあり、経済学部では「経済全体の枠組みの多角的な分析ということが目的とされています。たとえば、「ミクロな視点、マクロな視点で経済を分析する」「日米の経済的な特徴を比較する」「経済発展のメカニズムを研究する」などの学問が多いです。一言でいえば、「マクロな視点」で勉強ができるのが経済学部です。

 それに対して、経営学部と商学部はどうでしょうか。実はこの2つの学部にはそこまで大きな差はないと考えています。その理由は「どちらも経済の成り立たせている要素の一つだから」です。そのようなスタンスの学問なので、両学部では「物が最も売れる広告ってどんな広告?」とか「企業経営をする上でどんな戦略を立てるべきか」とか「企業が発行している株の株価をどうやって上げるべきか」といったテーマの勉強をします。経済学部と比べるとミクロな視点の学問であることがわかるかと思います。ちなみに、経営学部は私の通う中央大学のように商学部の学科の一つになっていることもあれば、明治大学のように商も経営も両方ある大学もあり、さらには経営学部のなかの学科の一つに商学部系の学問が入っていることもあります。このことからも両学部の距離の近さがうかがえると思います。

 

 

②商学部について

 さて、経済学部との違いに関して理解していただけたところで、ここからは商学部での勉強を具体的にご紹介していきます。

 一般的に、商学部で勉強することは以下の4つであることが多いです。(経営は学校によります。)

 

・商業(マーケティング)

・貿易

・会計

・金融

・(経営)

 

 まず、商業(マーケティング)ですが、これは「物をどうやって売るか」といことを突き詰めて考える学問です。12年生の時に私も勉強しましたが、「消費者がモノを買う時の心理」や「人が引きつけられる広告」など普段の生活になじみのあるテーマが多くて面白かったです。

 

 貿易は「貿易とは何か」や「TPP加盟後の日本の貿易システムの変化とは」のようなテーマで勉強をします。ご覧のとおり、非常にグローバル色の強い学問であり、かつ結構実務的なので、貿易関連の仕事をするイメージもつかめるかもしれません。

 

 会計は「企業が使ったお金や得たお金をどう管理するか」ということを勉強する学問です。言うなれば「企業の家計簿のつけ方」を勉強するような学科です。将来会計士になりたい人や、企業のお金の管理に興味がある人にはお勧めです。

 

 金融は私の勉強している学問です。それはさておき、「お金が市場でどのように流れているか」や「株式の投資に際してどのような戦略を立てるべきか」といったテーマの勉強をします。いわば「お金に関する学問」です。株の投資や企業の資金調達に興味がある、という人はもちろん、数学的な知識を必要とすることもあり「商学部でも数学を活かした勉強がしてみたい」という人には最高の学問かもしれません。

 

 経営は学部として独立していることもありますが、一応紹介すると「企業をどう経営すべきか」というテーマです。(そのまんまですね。)シンプルですが、扱う内容は結構幅広く「中小企業の経営」「経営の仕方の国際比較」「経営戦略」「ITを活用した経営」など様々な切り口から経営を学ぶことができます。

 

~終わりに~

 いかがでしたか?今回のブログのなかでは十分に紹介しきれなかった部分もあるので、これを参考にぜひ大学のパンフレットを読んだり、大学に足を運んだりしてさらに理解を深めてほしいと思います。大学4年の今だから感じることですが、学部選びは大学選び以上に重要であると感じます。したがって、各学部の特徴を知った上でじっくり考えることをお勧めします。もし直接お話しを聞きたいというご要望がれば、ぜひ新百合ヶ丘校へ足を運んでいただければと思います。

 

 さて、明日はMs Short Hairの長坂真帆さんによる学部紹介です。本日とはうってかわって理系の学部なので、理系のみなさんは是非参考にしてください!

 

では、また!