大学紹介~中央大学~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2014年 6月 12日 大学紹介~中央大学~

皆さん、こんにちは!

担任助手3年の田中です。この頃雨が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

ジメッとしている時は体調を崩しやすいので、気をつけてくださいね!

さて、今日は私田中が通っている中央大学について紹介したいと思います。

突然ですが、中大にはいくつキャンパスがあるか知っていますか?

 

 

そう!2つです!

中央大学には後楽園キャンパスと多摩キャンパスの2つがあります。(実をいうと法科大学院専用の市ヶ谷キャンパスもあります)

今日は僕が通っている多摩キャンパスを紹介します!

多摩キャンパスは法学部、経済学部、商学部、総合政策学部、文学部の5学部の学部生と大学院生が過ごしています。

つまり、文系の学生はこのキャンパスで4年間(人によっては6年間)過ごすことになるのです。そのため、このキャンパスにはものすごい数の人がいます。なんと多摩キャンパスだけで20907人もの学生がいます!ちなみに、中央大学全体の学部生の数は25082人なのでいかにすごい数の人がいるかがよくわかると思います。

さて、そんな多摩キャンパスには本当にたくさんの魅力があるのですが、その中でも皆さんに紹介したいポイントは大きく分けて2つです。

①広大な土地面積

20000人もの学生を受けいれる多摩キャンパスは東京ドーム11個分の土地面積があります。それだけ広い故に、駅から教室までの距離は10分以上かかることも。。。ちょっとたいへんかな。笑

ちなみに、これが上空写真。

 

 

また、多摩キャンパスとっても自然豊かなキャンパスでもあります。

 

 

そして、ここは「ラバーズヒル」と呼ばれる芝生のスポットです!

 

 

 

その名の通り、カップルがたくさんいてとっても幸せな場所!・・・ではなく、キャッチボールをしたり昼寝をしたりとただの憩いの場になっています。(見た感じ男の率の方が高いですね。)

このように自然豊かでとっても過ごしやすい多摩キャンパスですが、もう一つ特徴があります。

②食堂の豊富さ!

中央大学の食堂は東京近郊の大学の中で一二を争う美味しさでメニューもとっても豊富です!

 

 

これが食堂です。なんと食堂だけで4階建てです!多くの学生が座れるように約3300席もの座席があります。ですが、お昼休みのピーク時はほとんどの席が埋まってしまいます。。。席の確保が大変ですね!

 

 

 

 

 

 

 

安い上に、おいしい中大の食堂!大学に来た際には是非お立ち寄りください!

こんな魅力たっぷりな中央大学多摩キャンパスが体感できるオープンキャンパスが8月23日・24日の日程で行われます。 是非この機会に体感しちゃってください!

 

 

【最後に】 明日、自習室は19:45~20:00の間で週間ホームルームが行われるので、その間自習室が使用できません。自習室を利用される方はご注意下さい。

それではみなさん、ごきげんよう!