大学で頑張っていること~伊藤な編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 11月 21日 大学で頑張っていること~伊藤な編~

こんにちは!明治大学総合数理学部ネットワークデザイン学科の伊藤直樹です!

秋ということで自分のやりたいこととの相違や中には遊びなどの理由から大学をサボる人が増えてきました。

親に大金を出してもらって大学に行かせてもらっているのに勉強が面倒くさいってどういうことなんでしょうね。

進路の分岐点にいる皆さんはきちんと調べて本当にやりたいことをやるようにしてくださいね!

本当にやりたいことなら勉強は高校のものと比べてかなり楽しいもののはずです!

 

そんな僕は本当にやりたいことを楽しく勉強しています。

ということで今日のテーマは「大学で頑張っていること」です。

 

僕の学科は情報系の学科です。昔からプログラミングを駆使してクリエイターをやりたいと思っていました。

じゃあクリエイターになるために勉強しているのかな?と思うかもしれませんが実は既にクリエイターになっています。

クリエイターは最近どんどん敷居が下がってきていて難しいことをやらなければ大学生が買える値段のパソコンでも開発ができるようになっています。

なのでAppleと契約してアプリをリリースしたりしてクリエイターとしての毎日を送っています。

 

僕はクリエイターとして大学で頑張っているわけです!

そんな僕の最近のクリエイターとしての活動は主にこの3つです。

 

①アプリ開発

僕はUnityというゲームエンジンを使ってスマホアプリ開発をしています。C#という言語を使ったエンジンで物理を使ったゲーム開発に向いている無料のエンジンです。このエンジンで空き時間にプログラミングして完成したらそのままApp Storeの審査に出してリリースします。広告をつけているのでお小遣いも入ってくるお得な勉強ですね。(笑)

 

②イベント見学

クリエイター活動で何よりも重要なのはインスピレーションですね。インスピレーションを高めるには他人の作品を見るのが1番です。小さいものだと大学の教授主催のABProというイベントから大きいものだとアジア最大の祭典東京ゲームショウだったりとさまざまなイベントで影響をもらっています。東京ゲームショウではインディーズゲームのコーナーが充実していて天才の発想に何度も驚かされました。将来東京ゲームショウに展示できるような人間になりたいですね!

 

③英語の勉強

英語の勉強は関係ないように思えてとても大事です。日本という国、技術者への給料が少なすぎることで有名な国です。シリコンバレーやサンフランシスコなどに比べ技術者への平均年収は3倍ほど違います。そんなに裕福な生活を望んでいるわけではありませんがマーケティングするにしても英語を使えるだけで活動範囲は飛躍的に広がりますし海外でがっつり稼いで日本で起業、なんてことも選択肢に入ってくるんですね。僕は日本食が大好きなので国を離れたいとはあまり思わないのですが勉強しておくとこの先自分の手札が増えると考えるとやっておきたい活動ではありますね。

 

と、こんな感じの生活をしています。みなさんも大学生になったら自分のやりたい勉強をして自分にあったライフスタイルを確立し、そんな楽しい自分を想像しながら受験勉強をモチベーション高く行なってくださいね!

 

明日のブログ担当は牧原担任助手で

テーマは「受験校の選び方」です

お楽しみに!