夏休み以降の勉強法~かすがゆうこver.~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 8月 28日 夏休み以降の勉強法~かすがゆうこver.~

みなさんこんにちは!!

立教大学文学部に通う1年の春日裕子です!

 

昨日で8月模試が終わりましたね。ずっと【センター試験本番の目標点を取る】と意識していた模試が終わり、みなさんどうでしたでしょうか?

自己採点はしましたか?

目標点が取れて嬉しかった人、目標に届かなかった人がそれぞれいると思います。

何度も聞いていると思いますが、模試は一喜一憂するためのものではなく自分の弱点を見つけるためのものなのでみなさんすぐに切り替えていきましょう!!!

 

さて、本日のテーマは「夏休み以降の勉強法」ということで、学年別にお話したいと思います!

◎受験生

ついに受験の天王山と呼ばれる夏が終わろうとしています。みなさん今はどんな気持ちですか??

今回は8月模試を基準にお話したいと思います。

◇8月模試目標点に到達しなかった人へ◇

おそらく、焦っている人が多いのではないかと思います。

私も昨年、8月模試でセンター試験の目標点には達することが出来ませんでした。

「この夏必死に勉強してきたのに・・・!」ととっても悔しかったです。

でもここで重要なのは 落ち込まないこと!!!!

夏休みも終わり、ほとんどの受験生が受験モードになってくる時期になると思います。(こういった言い方をすると焦ると思いますが、焦る=受験生モードになっているということですので大丈夫!自信つけていきましょう。)

この時期誰もが暗い気分になりがちです。ですが、センター試験までのこり半年を切った今、落ち込む時間はもったいないです。

大切なのは、次につなげること!反省を活かして成長していきましょう。

ではどのように次につなげるか。それは、

① 8月模試を見直し。どこが出来なかったかを見つける。

② 自分の出来ない部分はどこか。この夏にカバーし切れなかった自分の苦手を把握。

③ ①②を期限をいつまでに終えるか。期限を決めてそれまでに必ず終わらせる。

が基本だと思います。(以前福富さんもブログに書いていましたが、これからは本当にこれに尽きると思います!)

この夏で基礎完成が目標だったため、少しハイペースに進めていく必要はあります。ですが基礎は重要です。基礎をおろそかにしてしまうのは良くないため、しっかりと基礎は固めていきましょう!

◇8月模試で目標点に到達した人◇

とりあえず今回は良かったですね!!!

ただ!!同様に浮かれている時間はないということを忘れずに!!

浮かれてしまうと周りの勢いにすぐに追い抜かれてしまいますので注意!!今までどおりのペースで行きましょう。

この後は、志望校対策に移っていきます。第一志望の過去問はすでに入手しましたか?まずは、どんな形式の問題・問題数なのか、今の自分の実力ではどれくらいの点数がとれるのか、試しに1年分解いてみるのが良いです

その後、今の実力から志望校の問題を解いて合格できる実力になるためにはどのような勉強をしていくべきか。対策を考え、行動に移していく。そんなイメージです!!

 

◎低学年

今回は英語に絞ってお話させていただきます。

 

夏休みが終わり、みなさんはこれからセンター同日試験を意識して勉強していくことになります。あとセンター同日試験まで137日です。

自分が高3生で取りたい点数を高0、1、2生のうちに取ることが出来たらものすごく大きな自信になるのではないでしょうか。

ぜひ、高3生になる前に、英語を固めましょう。このことは渡辺勝彦先生もおっしゃっています!!

英語を固めるとは具体的に・・・

① 単語・熟語・文法をまず固める。高速基礎マスターを早めに完修してしまおう!

② 音読を毎日する!受講で読んだ文章でも、学校の教科書でもいいので、読みながら意味を理解できるようになるまで音読。

この2つがとても重要なことだと思います。

受験勉強は、みんなでいっせいに同じスタートラインに立つものではありません。いくらでもフライングが可能なのです!つまり、早く始めれば早く始めるほど有利だということです。これはどの教科に関しても同じことです!

低学年の皆さんは今のうちから基礎固めのスタートを切って、今のうちに周りとの差をつけてしまいましょう!!

 

それでは今回はこのくらいにしておきます!

みなさん新学期も始まり、気分もかわると思います!これからも頑張っていきましょうね(*^^*)

 

明日のブログは藤原息吹担任助手『夏休み以降の勉強法』です。

明日もおたのしみに~!!!