合格設計図の重要性! | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2015年 2月 2日 合格設計図の重要性!

晴れやかに澄み渡る青空の下、地面の氷に足を滑らせ宙を舞った長坂兄ですこんにちは!

急に暖かくなる日もあれば一気に冷える日もありますね。こういう時期こそ抜け目のない体調管理を大切にしましょう。

 

さて!本日のテーマは合格設計図の重要性!!

新学年として新たなスタートを切ったみなさんは、合格設計図作成会というイベントにしっかり参加していただけたでしょうか?

そのイベントで作成した合格設計図。これは今後の勉強の指針を定める非っっっっ常に大切で大事で重要なものです。

 

では、なぜ大切なのか?大きく2点に分けて説明します。

①常に計画性を意識!

ここからの1年間、実はあっという間です。

受験生として頑張りだしてちょっと経ったら春、学校が始まり本格的な受験勉強と学校の勉強や部活との両立を身につける頃には夏、夏は受験の天王山で1日15時間勉強……ほら、ぼーっとしてるともう過去問に取り掛かる秋になってしまいます。

つまり、これからは1日も無駄にすることはできません。その1日をいかに良くできるかは、しっかりとした計画があってこそです

いつまでに何を完成させなければならないのか。合格設計図ではそれを可視化し、自分の勉強に活かすことができます。

先を見据えた計画、受験勉強の入り口です。

 

②自分の現状を把握できる!

自分が記入した内容=その時期にやらなければいけない勉強、のはずです。つまり、それに対して遅れが生じている場合は早急に対処しなければなりません。

合格設計図では、自分がやるべき勉強に対してどのくらい遅れているか、または進んでいるかがパッと見て分かります。

常に現状を把握して改善点を見つけながら勉強すること、合格に近づくために欠かせないルートです。

 

合格設計図が重要である理由は他にも様々ありますが、要するに自らの手で作成したのはみなさん自身の合格への道筋です。

自分で決めたものは必ず守り、より良い学習に邁進していきましょう!!

 

明日のブログは大崎担任助手より公開授業についてです。お楽しみに!