古田が志望校を決定するまで | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 3月 22日 古田が志望校を決定するまで

 

 

こんにちは~古田です~

春休み真っ盛りですね!みなさん満喫していますか?

受験生の皆さんはそろそろ志望校を固め、努力している頃だと思います。が、目指すべき志望校を迷っている人も少なからずいることでしょう…

というわけで、今日は一例として僕が志望校を決定するまでのエピソードをお伝えします!

 

僕は今一橋大学の経済学部に通っていますが、ここではその大学学部にしたワケ、そして得た教訓について書いていきます。

一橋を選んだ理由は主に2つで、

・レベルの高い国立大学であること

・東大は偏見により却下

という条件から一橋が思い浮かびました。レベルの高い大学にはレベルの高い人が集まり、そこで僕はいい刺激を受けられるのではないかと思いました。ただ、東大は(見に行ったことも無いけど)あまり良いイメージを持っていなくて選択肢にはありませんでした(笑)。完全な偏見ですねー。かつ一橋は学年の人数が少なく、少数精鋭でかっこいいイメージがあり、行きたい気持ちを強めることとなりました。

また、経済学部を選んだ理由は1つで、

・得意科目の配点が高い

ほぼこれに尽きます。一橋には行きたかったのですが、そこで何をするかは全然考えられていなかったので、取り合えず一番合格しやすそうな配点である経済学部を選んだわけです。が、入ってからの経済の授業はあまり興味を持てず、本当にこの学部でよかったのか?と考えることもしばしば…

ここから僕が得た教訓があります。それは、

学部選択は慎重に!

ということです。大学の勉強について言えば、「どこで」やるかよりも「何を」やるかの方が自分のモチベーションに関わってきそうではないでしょうか?やはり少しでも自分の興味に近い学部を選ぶべきです。どこかのタイミングで後悔します。興味が分からない人も、過去の自分を振り返るなど自己分析をして、自分の興味を探ってみるといいと思いますよ!

以上が僕が一橋を目指すことにした理由です。なにか参考にしていただければと思います!

 

ところで明日は公開授業が行われますね!明日のブログではその様子をお伝えしようと思いますので、お楽しみに!!

では。