受験生へ激励メッセージ~いとなお編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 12月 19日 受験生へ激励メッセージ~いとなお編~

こんにちは!明治大学総合数理学部ネットワークデザイン学科の伊藤直樹です!

受験生にとって最後の模試が終わりました!結果に喜んでいる人もいれば落胆している人もいると思います。そんな皆さんに今日のテーマ「受験生への激励メッセージ」をお送りします!正直文がまとまっていない長ったらしいブログになっていますが僕が受験生のときはこういう体験談を踏まえた受験の話を聞きたかったと思っていたのでこれ以上の編集はせずに載せます。平凡な薄っぺらい激励メッセージが嫌いなのでこんな結果になりました。是非最後まで読んでください。

 

まず皆さんに真っ先に伝えることがあります。今できることはすべてやってください。ちゃんと受験全力でやれよって意味ももちろんあるのですがそんな言葉皆さん聞き飽きててなんも響かないと思うので僕なりの理由を伝えます。それは「この先勉強はできても1月上旬までだ」ということです。

どういうことかというと、直前のプレッシャーというのは恐ろしいです。高校受験は経験済みだからという人もいるかもしれませんが大学受験です。その後の人生がほぼ直接関わってくるので重みが違います。僕を知っている人は分かると思いますが【緊張】という言葉とは無縁に見えると思います。僕も直前まではそう思っていました。

しかしセンター直前になると思考力は不安に蝕まれ、シャーペンは震えました。英語の長文は全然頭に入ってこず、数学の解法は思いつく前に他の心配事が思いつきます。赤本演習どころではないですそのレベルのプレッシャーが皆さんに襲い掛かります。

赤本演習は受験の仕上げであり一番実力を伸ばせる勉強です。それをせずに受験に臨むのは無謀極まりないです。じゃあどうすればよいか、、、今を全力で取り組み、1月の頭までに受験前日レベルに万全の状態に仕上げてください。

 

このままじゃ激励メッセージじゃなくて警告メッセージのタイトル詐欺ですね、、、ちゃんと激励もします。(笑)

いい意味でも悪い意味でも受験はなにが起こるかわからないです。僕の受験生のときの受験校とその見込み度は次のような感じでした。

法政情報科学(センター利用)→センター模試は7割後半安定していたので多少の失敗くらいならとれる

日大理工学(全学部)→いい感じ

法政情報科学→いい感じ

明治理工→5分5分?

青学理工A方式→いい感じ

青学理工B方式→5分5分?

明治総合数理→過去問がなくて未知

という感じでした。しかしセンターで大失敗してしまい法政はとれず、日大も数学を半分空欄にしたので合格発表を待たずに落ちたとわかりました。なので1つも合格校がないままMARCHラッシュに挑むことになりました。MARCHラッシュは手応えは悪くないと思っていたのでどこかしら引っかかったかなと思っていたのですが最後の2/17の明治総合数理の2日前に明治の不合格、前日に青学2つと法政の不合格の通知が来ました。

絶望という言葉で表せないほど落ち込んでいたのですが明日が最後だと思い前日にやれる復習は行い、当日はこれ以上ないほどの集中力で臨みました。おかげで合格通知が届き、今はその諦めなかったおかげで勝ち取ったプラチナカードで大学生活を謳歌しています。(後日談ですが日大は周りも出来てなかったのか合格通知が後日届き、法政は補欠だったようで3月頭に正式な合格通知が届きました。)

 

どんな絶望的な状況になっても諦めないでください。平凡な言葉ではありますが僕はこんな受験を体験したと知っている皆さんは他の人が言っているのと聞こえが違うと思います。

「できることは今やってください。」

 

 

明日のブログ担当は春日担任助手で

テーマは引き続き「受験生へ激励メッセージ」です!

お楽しみに!