受験校を選ぶ2つの基準 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 11月 20日 受験校を選ぶ2つの基準

こんにちは、古田です。

私事ですが、週末の24~26日に僕の通う一橋大学にて一橋祭が開催されます!多くの模擬店、ダンスなどのステージ、将棋で有名な加藤一二三氏の講演会など様々な企画があり、楽しい時間を過ごせると思います!

同期間に東大や慶應でも学祭がありますが、ぜひ一橋にも足を運んでくださいね(^▽^)/

 

話は変わりまして、

高3生のみなさんはそろそろ受験校を考え始める時期だと思います。

今日はみなさんの参考になればと思い、

僕がどのような基準で受験する大学を選んだのかお伝えします!

 

僕が受験したのは、

一橋(経済)

慶應(商)

上智(心理)

立教(社会、センター利用)

でした。

選んだ基準は2つあります。

・行きたいと思う大学

受験の経験が多いほどその後の受験は上手くいく、とよく言われますが、行きたくない大学を受けても意味がないのでは?というのが僕の意見です。

どうせ受けるなら、行きたい大学を受けた方が受験のモチベーションも上がり合格率も上がると考えていました。

 

・無理のないスケジュール

僕は忙しいのが苦手で、何事にも余裕を持って取り組みたいタイプでした。

この考えは受験においても重視したいと思っており、余裕を持ったスケジュールで受験を進めたいと思っていました。

何志望を受験するにしても丸一日拘束されますし、体力も使うものです。

れでは第一志望の対策に労力を割けないですし、

本末転倒になってしまうと考えて

思い切って受験校数を少なくすることにしました。

 

このような「狙いを少なくする分しっかりと準備する」という作戦の結果、全て合格することが出来ました。

ただこれは全員にとっての正解ではありません。

あくまでも参考までに、ということで受け取ってもらえればいいと思います!

 

明日のブログは伊藤直樹担任助手による、「大学で頑張っていること」です。

お楽しみに!