受験校の選び方~大久保編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 11月 15日 受験校の選び方~大久保編~

こんにちは!

早稲田大学国際教養学部2年大久保です!

今日のブログは「受験校の選び方」ということで、

志望校を選ぶ際のポイントを自分なりに紹介しようと思います。

 

 

ポイント① 自分に合った大学に行く

大学基本的には4年間通うところです。

なので、そもそも自分に合った大学を選ぶようにしましょう!

 

具体的なポイントとしては、

・どこにあるのか

・大学の雰囲気はどうなのか

が挙げられると思います!

 

どこにあるのかというのは、家からの距離大学周辺の町並みがとても重要になってきます。

そんなのあまり重要ではないと思う人もいるかもですが、

いざ大学生になってみるとその重要性が痛いほどわかります。

 

人によっては、

「家から遠すぎて学校に行く気にならない」

とか、

「大学の周りになにもなくて退屈」

などの不満を漏らしている人もいます。

 

 

また、大学の雰囲気もとても大切です。

校舎はきれいなのか学生はどんな感じなのかなどが例に挙がると思います。

特に学生の雰囲気は大学によって全く違ったりするのでとても大切です!

僕の通う早稲田大学は、自由な校風というのが印象で、

昼休みなど様々な人がパフォーマンスをしていたりします。

いい意味で変わった人が多いという感じの雰囲気です!

 

そういったものは実際に行ってみないと分からないと思うので、

オープンキャンパスに行くことをおすすめします!

4年間通うところなのですから、まずは自分に合った大学を見つけるのが大切です!

 

 

ポイント② 自分に合った学部を見つける

ポイント①と同じくらい、もしくはそれ以上に大切なのは自分に合った学部を見つけることです。

自分に合う学部というのは、「自分のやりたいことができる学部」とい言い換えてもいいかもしれません。

4年間という長い時間を使って学ぶことなので、自分の興味のない学部にいくのははっきり言って時間の無駄です。

 

自分が将来やりたいことは何なのか

それをやるために必要な力はなにか

それを得られる学部はどこか

 

というプロセスでしっかりと考えて、自分に合った学部を探しましょう!

どの学部がどんなことを学ぶところなのかは、

その学部に通っている先輩の話を聞いたり、

その学部のHPにいって調べてみたりするといいと思います!

 

 

ポイント③ バランスの良い受験をする

例えば、自分の現状の学力に対して、

レベルが高いところ→Aランク

レベル相応のところ→Bランク

レベルが低いところ→Cランク

と呼ぶように過程しましょう。

 

みなさんが最も行きたいといっている大学は基本的にAランクの大学が多いと思います。

しかし、だからといってAランクの大学だけ受験するのは危険です。

 

なぜなら、合格が1つも取れずにAランクの受験に臨まなければいけない可能性があるからです。

そうなると、気持ちの面で落ちついて本命のところに臨めないで、本来の力を発揮できないかもしれません。

 

また、C→B→Aの順で受験することで、徐々にレベルも緊張感も慣れて受験をすることができます。

 

 

大学というのは基本的に4年間通い、4年間学ぶところです。

自分に合った大学、自分のやりたいことができる学部をしっかりと見つけてください!

そして、そこに行ける可能性を最大化するために、

バランスのよい受験を心がけるようにしましょう!

 

明日のブログは、村田担任助手「大学で頑張っていること」についてです!

明日もお楽しみに!