冬休みの過ごし方~受験生・国立理系~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 12月 8日 冬休みの過ごし方~受験生・国立理系~

 

 

みなさん、こんにちは。

担任助手1年の市岡です。

 

受験生のみなさんは

ラストスパートの追い込みが出来ていますか?

これまでは終わりが見えず

辛い気持ちになることが多かったと思いますが

ここからは良くも悪くもあっという間です。

悔いのないように頑張っていきましょう!

僕も大学の勉強を頑張ります。

 

では、本日のブログテーマ

「国公立理系の受験生向け 冬休みの過ごし方」

に入っていきます。

僕自身が国公立理系志望だったので、

自分の経験や周りの友達の話を元に

アドバイスできればなと思います。

 

たぶんですが、

ほとんどの人が最近やっと

過去問に本腰を入れられるように

なってきた状態だと思います。

ですが、

センターまで残り1ヶ月ちょっとしかなくて

センターもそろそろやらなきゃなぁ

ってことにも薄々気付いていると思います。

 

じゃあ今はどっちをやればよいのか。

いつ切り替えればいいのか。

 

 

 

正解は無いと思います。(期待した方ごめんなさい)

志望校の[センター:二次]の比率や、

現状の成績などに応じて

各自で決めるしかありません。

 

ただ、目安としては

センター本番の1ヶ月前がベターだと思います。

二次試験の要注意な科目は継続してやりつつ、

センターの点数が取れない科目から取り組む。

 

 

この流れでやっていくことになるとは思うのですが、

タイミングで悩んだら

早めにセンターに切り替えておくことをオススメします。

 

国立理系は科目が多いですし、

想定以上に時間がかかったり

つまずいたりしてしまう可能性も高いです。

必要な準備が終わらずに本番を迎えてしまう

大惨事だけは絶対に避けなきゃなので。。。

 

次に、勉強時間の科目ごとの配分について話します。

まず僕の話をすると、僕は受験生時代は

化学が大きく足を引っ張っていました。

なので秋から冬にかけて、

化学にほとんどの時間をかけていました

 

その甲斐もあってギリギリ受験で戦えるだけの力を

つけることはできたのですが、

数学や英語に触れることが少なかったがために

出来ていたはずのレベルの問題が解けなくなっていました

そのときはかなりショックでしたし、

元の実力まで戻すのにかなりの時間と労力

かけることになってしまいました。

 

こうなることだけは避けてほしい!!

 

みなさんも成果が出ずに焦りを感じている科目が

あるかもしれません。

その科目を第一優先で取り組むことは

絶対にやってほしいのですが、

他の科目にも必ず1日1回は触れるようにしましょう。

 

次に過去問について話したいと思います。

2月の試験と試験の間の日に

どんな勉強をするのか、

考えたことはありますか??

僕の経験上、何をすべきか

分からなくなってしまいがちです。難しいです。

体調を気遣わなきゃだし緊張もするし、

いまさらこれをやっても意味はあるのだろうか・・・

なにをしたら点数につながるんだろう・・・

といった具合になってしまいがちです。

 

そうなることを想定して今できること

それは

今やっている過去問の復習を

しっかりとまとめて後で見返しやすくする

ことです。

過去問は分析と対策が大きな意味を持つ

ことはご存知だと思います。

それを受験直前にもう一度しっかりと確認できたら

有意義だと思いませんか?

せっかく過去問を解いていても

解きっぱなしにしてしまっていたら

もったいないです。

復習しやすいように形に残しておきましょう。

 

最後に!

朝型にしていきましょう!

受験の日の朝は早いですし、

ただ間に合えば良いのではなく、

試験開始時間までに脳をフル稼働できるぐらいにまで

起こしておかなくてはなりません。

 

今は多くの人が危機感とやる気から

夜遅くまで勉強を頑張っていると思います。

その努力は大事なことで、

できれば継続してやっていきたいところではありますが、

そろそろ

体調管理、朝型リズムを優先していく

ことをおススメします。

 

かなり長くなりましたが、

去年の僕の経験を元に伝えたいことかけたと思います。

この時期は不安なことや迷うこと、悩むことが多いですが

我々担任助手や友達、家族など話せる人に話してみることが大切です。

思わぬヒントが得られるかもしれませんし、話すだけでも楽になれます。

ラストスパート、

悔いの無いよう突き進んでいきましょう!

 

明日のブログは藤原担任助手による「高1,2MVP」です。