全国統一テストにむけて(模試体験談) | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 10月 26日 全国統一テストにむけて(模試体験談)

 

みなさんこんにちは!早稲田大学商学部1年石井宏樹です。

今回は全国統一テストがいよいよ3日後に迫っているということで、

僕の体験談を紹介していきたいと思います!

 

僕は現在早稲田大学に通い、友人にも囲まれ充実した大学生活を送っていますが、

去年の4月までは早稲田を目指すなど全くもって想像していませんでした。

なぜなら、2年生の同日の英語で87点という点数をとり、GMARCHの大学を目指そうと既に決めていたからです。

4月の模試では120点と、点数こそ伸びましたが早慶を目指すにはまだまだ実力は足りませんでいた。

 

そんな自分に転機が訪れたのは6月模試のときです。

毎日音読を徹底して行っていたことで、

174点と前回模試に比べて50点以上伸ばすことに成功しました。

 

しかし、その後意気込んで挑んだ勝負の8月模試では6月に比べ英語を20点以上落としてしまい、

深く落ち込んだのを覚えています。

全統にむけてはその悔しさをばねに、受験科目である英語、国語、日本史の基礎基本から総点検を行い、万全の体制で挑むことを心に決めました。

 

そして、全統模試当日。とても緊張していたのを覚えています。

今思い返してみると、この緊張をやわらげるには深呼吸、そしていままで努力してきた自分を信じて、

前向きに挑むことが重要だったと思います。

 

その結果あってか、英語はなんと194点をとることができ、

全教科通じて最高得点をたたき出すことができました!!

この点数は自分にとっての大きな自信となり、

全統以後、英語に関しては自身を持って試験に挑むことが出来るようになりました。

 

全統はセンターまで残りわずかとなる中で、

自分の弱点をあぶりだすことができる大変有効な模試です。

 

残り3日となりましたが、いままでの知識を総動員し万全の状態で望んください!

 

心から応援しています!!

 

 

明日のブログは石坂俊担任助手による全統(模試体験談)です。お楽しみに~