二次対策~過去問の進め方~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2016年 12月 13日 二次対策~過去問の進め方~

 

 

みなさんこんにちは!

早稲田大学人間科学部健康福祉科学科1年

外山葉月です!!

 

最近は寒い日が続いていますね…

体調管理には十分に気をつけてください!!

 

本日のテーマは「二次対策について」です!

 

センター試験まで残り約1ヶ月となりましたが、

私は昨年のこの時期、まだまだ二次対策をしていました。

ということで、私が二次対策をしていく上で意識していたことを

3点お伝えしたいと思います!

 

1.計画を立てる

二次対策、つまり二次試験の過去問を進めていく上で、

「計画を立てる」ことは欠かせません!

手当たり次第解き進めていっても、試験直前になって

「過去問全然終わってない~~!!!!」

となって焦るだけです。

過去問は思っているよりも時間がかかります。

「計画を立て、遵守する」ということを徹底するだけでも、

一気に過去問のペースやモチベーションが上がりますよ!

 

2.本番を意識して解く

当たり前ですが、これも重要です。

本番と同じような緊張感で過去問を解くことで、

本番の試験にもいつも通り臨むことができます。

解答用紙なども、本番と同様のものがあるとなお良いですね!

私はそのおかげで、受験本番も全く物怖じせず受けることができました。

 

3.自己分析

過去問の復習の際に徹底できているでしょうか?

 「落としてはならない問題を確実に解けているか」

「時間配分は的確にできていたか」

「うっかりミスはしていないか」

などなど…

私は特に「本番絶対にやってはいけないこと」

を中心に徹底的に自己分析していきました。

そのおかげで試験当日はいつも通り、

自分の実力を思う存分に発揮できたと感じています。

 

過去問はもちろん、大学の出題傾向に慣れるという意味で欠かせません。

過去問をどのように・どれだけ進めていくかによって

結果は大きく変わってきます。

ただひたすら過去問を解き進めるのではなく、

「過去問から吸収できるものを全て吸収する!」

くらいの意気込みで進めていってください!

 

明日のブログは鈴木遼平担任助手による

「この時期の勉強法」です!

お楽しみにヽ(´▽`)/