モチベーションの保ち方-Tips for Keeping Your Motivation Up-(藤原ver.) | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2016年 8月 29日 モチベーションの保ち方-Tips for Keeping Your Motivation Up-(藤原ver.)

こんにちは!

早稲田大学政治経済学部政治学科1年

藤原息吹です!!!

 

 

昨日の8月28日には

第4回センター試験本番レベル模試

がありましたが、みなさんどうでしたか??

 

自己採点や校舎の生徒の声を見聞きする限り、

満足する結果に終われた人は少ないのかなという印象を受けています。

 

生徒の中には「夏休みあれだけ頑張ったのに・・・」と気を落とし、やる気を失いかけていたりする人もいるかもしれません。

 

しかし、受験における最終目標とはなんでしょうか??

 

それは

受験本番で合格点以上の得点を獲得する

ということです。

 

模試は学力の現状を把握するという点において、もちろん重要です。

しかし、その結果に一喜一憂しその場に立ち止まっていては志望校合格から遠のくばかりです。

 

どんなに辛くてもやるべきことをきちんとやる、そして何はともあれ前に進み続ける

 

というのが、受験における強さであり、

君たちに求められていることでもあります。

 

校舎に来て友達とだらだらとおしゃべりをする、スマホをいじって時間をつぶす、勉強もせずに長時間寝続ける・・・

 

これは今やるべきことなのでしょうか?

こんなことをしていて前に進めるのでしょうか?

 

もう一度よく考えて欲しいと思います。

 

それではやっと本題の

モチベーションの保ち方についてです!!

 

僕自身についての話をすると、受験勉強を始めた高校2年生の夏から受験最後の日まで

 

勉強へのモチベーションは高いまま維持することが出来ていました。

 

それはなぜかなのかというと、答えはシンプルです。

 

第一志望の大学にいきたかったから!!!

 

これに尽きると思います。

 

しかし志望校に行きたいという気持ちがあっても

モチベーションが保てない・・・なんて人もいるでしょう

 

そんな人のために

僕自身がやってみて実際にモチベーションが高まった方法を紹介したいと思います。

 

受験までのカウントダウンをする

 

もうそろそろ8月も終わる時期なので、

特に3年生は志望校の受験日が少しずつ近づいていると感じることはあると思いますが、

実際にそれがどのくらい先にあるのか、ということを数字として具体的に認識すると、

 「あれ、意外と時間ない・・・」ってことに気づけると思います。

 

これは焦りにつながりますし、勉強への集中力を高めること請け合いです。

自分はスマホのアプリで毎日カウントダウンしてました!!

 

周りに自分の志望校を宣言する

 

「~大学に行く!!」ということを周りに言うことで、

自分の決意が固まるだけでなく、

 

周りから自分は~大学を志望する人間として見られることになり

プレッシャーを自分自身に掛けることができます。

 

しかし自分の成績が志望校レベルに全く達していないときにこの宣言をすることは勇気がいることだと思います。

 

私も早稲田大学に行きたいと言い始めた当初は、

親にも「何を言ってるのこの子」みたいな目で見られていましたが、

それを見返そうと勉強した結果、今の自分があります。

 

これは宣言とはまた違うかもしれないですが、

僕は生徒ファイルのコメント欄の横に

「早稲田に行きます」という決意コメントを4月のセンター模試後から受験が終わるまで、毎日書き続けていました。

こういう小さなこともモチベーションの維持につながるはずです。

 

普段の大学を見に行ってみる

 

オープンキャンパスで自分の志望大学に行ったことがある生徒は多いと思いますが、

普段の大学を見に行ったことのある人は少ないのではないでしょうか。

 

オープンキャンパスは大学の雰囲気が大きく変わってしまうため、

大学の本当の姿を完全に掴むということは難しいです。

 

授業がある日の大学に行くことで、

学の雰囲気や大学生の普段の様子をより正確に把握することが出来ます。

 

他にも、志望校に通う担任助手に大学について詳しい話をきいてみるだったり、

頑張った分自分にご褒美をあげるなんて方法もあります!

 

 

自分なりのモチベーションの保ち方を見つけてみてもいいですね!!

 

明日は早稲田大学国際教養学部一年の大久保担任助手による大学学部紹介です!

おたのしみに!!!