センター数学勉強法 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2014年 5月 28日 センター数学勉強法

こんばんは、担任助手の大崎です!

今日のブログのテーマは『センター数学勉強法』です。

そろそろ基礎固めも終わりつつあると思いますが、この時期は過去問演習も始めていかなければなりません。

そこで今回はセンター数学の勉強法を伝えていきたいと思います。ただ、勉強法は人それぞれ違うと思うので、参考程度にして下さいね。

 自分が一番大切にしていたことは、演習量時間配分です。

 特に自分が考えるに数学はかなり演習量がものをいうと思います。東進のセンター過去問演習講座には10年分の過去問と東進の過去の模試が大量にあるため、かなりの演習量を積むことが出来ました。

苦手な分野(特に自分は確率など)は集中的に題問別で演習をしました。

 

また演習を行っていく上でかなり重要になってくるのが時間配分です。

自分の場合は、数ⅠA40分、数ⅡB50分で解くようにしていました。最初のうちはなかなか時間以内に終えることで精一杯だと思いますが、時間を意識して解くことでかなり早く解く解けるようになりますよ。もちろん演習量を積むことが大前提ですけどね。笑

 

数学はとにかく演習量ですよ!

みんなさん、これからアウトプットの機会が多くなると思いますが、頑張っていきましょうね(^^ゞ