センター同日について~重村~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 1月 2日 センター同日について~重村~

 

 こんにちは!東京大学文科一類2年の重村直毅です。

いよいよセンター本番が近づいてきました!受験生の皆さんは、最大限の努力をすべく、最後まで腹を括って集中していきましょう。「人事を尽くして天命を待つ」の言葉通りです!

今日は、低学年のみなさんに向け、1月14日(土)・15日(日)のセンター同日体験体験関してお話したいと思います。

 校舎でも繰り返しお話しているように、同日での結果と受験本番との結果は大きく相関しています。それだけ大事な試験です!

ただ、今から努力しても同日の結果はさして変わりません。同日まで残り2週間であり、時間がたりないためです。

そのため、同日に関しては年始もたゆまず勉強をするためのモチベーターとして捉えていきましょう。

 同日が終われば、次の目標は4月です

4月までに基本のインプットを済ませ、英数をはじめとした主要科目を固めてしまいましょう!!!

実際に目標点を決めてから計画を立てると効果的です。

僕自身も、高2の時に同日を受けました。

2日間にわたる長丁場ですし、内容も難しく感じたので疲労を感じました。しかし、受験への意識を高めてくれる良い機会だったと思います。また、改めて各科目に対する定着度を確認する事ができました。

繰り返しになりますが、同日で結果が出せるのとそうでないのでは勉強の計画も大きく変わってきます。モチベーションにも差が生まれるかと思います。

十分に準備をした上で、結果を出せるよう努力していきましょう!今年は勝負の年です!!

 

明日は山下担任助手による、「公開授業について」です。明日もお楽しみに!!