わたしのストレス発散の仕方~大久保~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 9月 27日 わたしのストレス発散の仕方~大久保~

こんにちは!早稲田大学国際教養学部大久保です!

今日のブログのテーマは「ストレス発散の仕方」ということで、

僕の受験生時代のストレス発散方法を紹介します!

 

とは言うものの僕自身そんなにストレスを感じる方ではなかったので、

「どうストレスを発散するか」というよりかは、

「どうすればストレスを感じないようになるか」について

僕なりのアドバイスをしたいと思います!

 

それは・・・

“定期的にOFFの時間を作る”

ことです!

 

どういうことか説明するよりかは僕の例を先に説明するほうがわかりやすいと思うので自分の例を紹介します。

 

僕が意識していたことは、

①毎週あるサッカーの試合は必ず見る

②平日の閉館後以降は一切勉強しない

この2つです!

 

まずについてですが、僕には小学校の頃から全力で応援しているあるサッカーチームがJリーグにあります!

Jリーグは基本的に、週に1回試合が行われるのですが(土曜開催が多い)

その試合は必ず見るようにしていました。(テレビ観戦です)

その代わり、その試合の日以外はそのような生きぬきは基本的にはせずに毎日勉強をひたすらやりました。

 

また、に関しては言葉の通りなんですが、21:45の閉館まで東進で勉強をし、

その後帰宅してからはご飯とお風呂以外のことはしませんでした。

その代わり、朝起きてから東進が閉まる21:45まではどんな時間も勉強にあてるようにしていました。

 

 

このように、自分はONのときはひたすら集中し、OFFのときはひたすら休憩していました。

それをすることによって、毎日集中して勉強を続けることができました。

 

ストレスの話と全く関係ないじゃないかと思う人もいると思いますが、大いに関係があります。

受験生がストレスを感じるひとつの原因に、不安があると思います。

 

「この勉強量でいいのかな」

「なかなか集中できない」

 

こういった不安が原因でストレスに繋がるケースが多くあります。

そういった不安に駆られている人の話をきくと、ONとOFFの切り替えが苦手な場合が多いです。

 

「体力的にも、OFFの時間は必要だけど、それじゃ不安だから勉強しながら休憩しよう」

とか

「ONの状態でいようとするんだけど、どうしてもだらけちゃう」

と言ったような悩みを言う人が多いです。

 

こういった中途半端な勉強をしていると、さっき言ったみたいに

「この勉強量でいいのかな」

「なかなか集中できない」

といった不安に駆られ、それがストレスにつながるのです。

 

なので、僕ははっきりとONとOFFをわけることで、

ONのときにより集中することができ、それが自信につながり、ストレスを感じない受験生活にできたのかと思います。

 

なので、このように定期的に徹底的なOFFの時間をつくるのが僕のおすすめです!

 

明日のブログは志村担任助手で同じく「わたしのストレス発散のしかた」についてです!

明日もお楽しみに!!