みなさんにメッセージ~鈴木(広)編~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 3月 14日 みなさんにメッセージ~鈴木(広)編~

 

みなさんこんにちは!

青山学院大学 経済学部
に通う鈴木広美です(*^0^*)

 

私事ですが、
今年度でここ東進ハイスクールの担任助手を
卒業します!!

今日が最後のブログ更新になるということで
熱い想いを伝えたいと思います。
どうか最後までお付き合いください^^



私がみなさんにお伝えしたいメッセージは


“自分で決断した道は
自分の手で正解にできる”

ということです。

これから大学受験を控えているみなさんは
たくさんの決断を迫られることがあると思います。
受験に限らず、大学や社会に出てからもそうです。


私の場合、
もともと指定校推薦で大学はいく
と決めていたため、

東進に入った理由は
「友達が通い始めたから」
というしょーもないものでした。笑


しかし、いざこの新百合ヶ丘校に入ると
勉強するだけの場ではなく
自分の将来の夢と向き合う場がたくさんあり、
担任助手もそれを一緒に、真剣に考えてくれました。


自分のビジョンが見えてきて
これだと思ったときには
心からこの大学にいきたい!

と思うようになりました。


自分の現状の偏差値と、志望校のレベルは
かなりのギャップがありましたが
指定校で妥協はせず、一般受験を決めました。


そして本気で頑張る私を、
いつも優しく見守り
時には喝をいれてくれたのは
ここ新百合ヶ丘校のスタッフでした。

 私の可能性を
信じてくれたここのスタッフがいたからこそ
最後まで頑張ることができました。
 
受験直前に不安でいっぱいになった時は
あーやっぱり指定校取ればよかったのかな、、
と思わなかったと言えば
嘘になります。

 

それでも自分の決めた道を
全力で
自分の限界まで
努力を惜しみまずやりぬきました。
 
 
結果は
第一志望合格には至りませんでした。
 
でもあの時、
一般受験という険しい道を選んだことを
後悔したことは一度もありません。
 
終わった今、
あの決断は正解だったと胸を張って言えます。



受験勉強を通して私は

苦手なことにも挑戦すること
目標を持ち計画を立て、実行する力
継続する忍耐力
本気で頑張ることの楽しさ

を学ぶことができました。
 
きっと
なあなあの気持ちで受験生活を終えていたら
指定校をやめたことを後悔していたと思います。


つまり

“自分で決断した道は
自分の手で正解にできる”

と私は信じています。
 
 
この経験があったからこそ
留学という大きな決断もできたんだと思います。
 

みなさんも
後悔だけはしないように
悩むときは大いに悩んで、
決めたからには
全力で向き合ってください。
 
きっとその先に見えるものがあるはずです。
 
 
その後担任助手として今度は私がみなさんを
応援する側になりました。
 
 生徒たちが
頑張る姿はとてもキラキラしていて、
そのサポートをしていた私も
すごく刺激をもらっていました。

今の私がいるのは
間違いなくここでの成長のおかげです。


 
とにかくこの新百合ヶ丘校には

感謝

のひとことです。


この先もずっと
私の大好きなこの校舎で
たくさんの成長が生まれることを
願っています。




明日のブログは
田中担任助手から
同じく、みなさんへのメッセージです!

お楽しみに☆