ぼくわたしの受験エピソード(真帆編)☆ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2014年 12月 18日 ぼくわたしの受験エピソード(真帆編)☆

みなさんこんにちは!担任助手2年、長坂真帆です(^o^*)!!

ここ最近寒さが一気に増して本格的にですね・・・!

そして本日は1週間前!(・▽・)

皆さんはどのように過ごされるのでしょうか・・・私は校舎で元気にぬくぬくと過ごす予定です(^^*)

さて、本日は『ぼくわたしの受験エピソード』ですね!

私は前田さんと近いのですが、センター試験に注目した直前期の伸びについてお話したいと思います!

突然ですが、私、センター試験本番レベル模試を散々受けてきましたが

本番が、一番点数が高かったんです。

正直なところ、直前の12月23日に毎年行なわれる最終本番レベル模試で10月の模試より点数が下がり、本当に落ち込んでいました。しかし人間切り替えが大切なもので、窮地に立たされたからこそ必死になり、演習をひたすらこなしました。

現役生は直前期が伸びると言われていますが、本当かよ~と思う方も多いと思います。

本当です。ただし、努力を最後の最後まで継続さえすれば。と、付け加えておきましょう。

何より演習量がものを言います。そして自信を付けてください。

残り1ヶ月、されど1ヶ月!!まだまだ伸びますよ~~~!!!(*^0^*)/”

へこたれることもあると思いますが、ひとつひとつ不安な要素をピックアップして、ひとつひとつなくしていきましょう!☆

明日は茅野担任助手から冬期招待講習についてのお話です(^0^)!!大事な締め切りの話なのでぜひ見てみてください!