この時期の勉強法 | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2016年 10月 13日 この時期の勉強法

 

みなさんこんにちは!

首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科に通っています

担任助手3年の田中です^^

 

最近急に寒くなって風邪を引いている人が増えてきましたね

風邪をうつさない、うつされないようにマスクをすることをオススメします!

 

今日のテーマは「この時期の勉強法」ということで

私が受験生だった頃を思い出して紹介します!

 

そろそろセンター試験まで100日を切って

焦りが出てきた人も多いのではないかと思います。

ここからは2次・私大の過去問、センターの対策をして、、、

と時間の流れは早いです。

 

私の場合、第一志望の大学には2次試験がなかったので

この時期は第二志望以下の過去問とセンターの対策をしていました。

第二志望の過去問でも5年分はやりきろう!目標を立て、演習を進めていました。

センターがメインだったので、

私大の過去問にはあまり時間をかけたくない!と思い

60分で問題を解いて1時限分の残り30分で復習をする。と決めて

1週間で曜日・時限ごとに解く科目を固定してスケジュールを立てていました。

 

受験までの時間は限られています。

その時間をなるべく無駄にせずに有効活用して勉強しないと合格は見えてきません。

 

学校の時間割のように解く科目を決めることで

決められた時間の中で解いて復習する習慣がつきます。

 

 過去問を解いているうちに不安なところが見つかって

教科書や問題集を見直したり、過去問以外のところに目がいきがちになります。

教科書や問題集を見直すことも含めて休み時間までには終わらせられるように

難しい問題があってもパパッときりかえて時間を無駄にしないよう心がけていました。

 

第一志望や同じレベルの大学の過去問だと難しい問題が多く、

解答時間や復習に時間がかかってしまうと思います。

分からない、、と悩み続けて時間をかけ続けてしまうよりも

時間で区切って分からなかった問題は先生や友達、担任助手に聞く!としたほうが

効率的に時間を使うことができます。

 

限られた時間を無駄にしないように

時間を有効活用する!ということを頭の片隅において勉強をしてください!

 

明日は鈴木皓恵担任助手による「大学生になったら」です

お楽しみに☆