☆受験エピソード~ver.かとみ~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2015年 12月 11日 ☆受験エピソード~ver.かとみ~

 

こんにちは!担任助手4年の加藤未優です(*^○^*)

今日は私の受験エピソードをつづりたいと思いますφ(.. )

受験はもう4年も前なのでうろ覚えのことが多いですが、特に印象に残っている出来事を2つほど紹介したいと思います。

 

①読んだことがある文章が試験にでた!(なんと2回も)

これは第一志望だった中央大学での入試と、初っ端で受験した専修大学の入試で起こりました。

なんと、問題演習で解いたことのある文章がそのまま出たんです!

しかも、長い物語の中から抜き取られた部分もまったく同じ◎

日ごろ、問題演習をしてはしっかり復習をすることを心がけていたので、文章の内容はもちろん、間違えやすい文法事項まで頭に残った状態でした♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪

さくさくと問題を解き、合格を確信して試験会場をあとにしました。

 

そのときは、こんな奇跡みたいなこと起こるんだな~と思いましたが、入試でよく出題される文章って必ずあります(特に古文)

一回一回の勉強を大切にして、復習をしっかりやる。

間違えたことはもう二度と間違えないように覚えなおす。

とっても基本的で、簡単なことですが、何よりも大切なことだと思います。

勉強の量だけでなく、にもこだわってみてくださいね(=^・^=)

 

②試験中寒すぎて集中できなかった

これは何人かの担任助手も語っていたと思いますが、試験を受ける自分自身のコンディションってとても大切です(ρ_;)

わたしは、第二志望の入試の日が土砂降りの雨でした。

試験会場が駅から遠く、傘をさしてなんとかたどり着いたときには靴下はびしょぬれ。

気温が低い上、靴下もぬれてしまったのでとても体が冷えました(((=_=)))

最初の試験が英語。長文読解では集中力が要る科目なのにも関わらず、寒すぎてそれどころではありませんでした。

 

天気が悪そうなときは、早めに行くこと・防寒をしっかりすること・靴下の替えなど念のための準備をして試験に臨みましょう!

 

明日は新百合の白衣の天使若松担任助手による受験エピソードです!お楽しみに(⌒ー⌒)ノ~~~