おすすめの勉強法(化学)~佐田ver~ | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 6月 16日 おすすめの勉強法(化学)~佐田ver~

 

こんにちは!!

青山学院大学 社会情報学部 1年

佐田 佳純です(^^)

今日もとっても暑いですが、暑さに負けず頑張りましょう!

 

今回はオススメの勉強法(化学)ということで

私の勉強法をお伝えしようと思います…!

良かったら参考にしてみてくださいね(*´∨`*)

 

まず皆さんは化学に対してどんなイメージを持っていますか?

物理が計算系、生物が暗記で問題を解くとするならば

化学は計算と暗記の兼ね合わせです。

つまり計算力暗記力の両方が求められるということです!

 

また私が勉強していて思ったことは

化学は物理や生物に比べて目に見えない世界の話が多いと思います。

だからこそイメージしづらく、理解もしにくい面があると思います。

 

わたしが化学を受験で使うと決まったのは高3の5月でした…!

学校の化学の授業を受け始めたのも高3になってからで

人よりとっても遅れたスタートした私はいつ勉強したのか…

 

受験の天王山といわれれる

夏休みです!!!

 

塾ではハイレベル化学の受講を7月末までに終え

夏休みは、その受講でやった内容のインプットをしました。

 

インプットの方法としては単元ごとに暗記をして

単元ごとに問題演習と計算演習をしました。

1日1つから2つの単元を勉強しました。

 

その次の日にその単元の暗記事項をもう1度確認し、

また新たな単元を勉強していました。

 

また学校で使用していていたセミナー

およびセンター過去問演習を使用し、演習もしました。

 

すごく単純な作業ではありますが、化学の知識は暗記を

繰り返すことで様々な問題に対応できるようになります。

 

だからこの暗記をおろそかにせず、地道に頑張ってほしいと思います!

 

また、化学の計算は計算方法が難しいのではなく、

掛け算や割り算の桁が大きく、その段階での計算ミスが多くおこりやすいので

まずは土台の計算ミスを無くすために、

演習でも計算の部分を飛ばさず、時間をかけても

計算することをおすすめします!

 

また化学の資料集(図説)

ご飯を食べているときや合間の時間にみることで

色や実験結果などを目で見て覚えることもできます

 

コツコツと勉強する科目ですが、計算できたとき、

知識が身についたときの

達成感はすごいと思います。

 

このような方法よければ試してみてください!!

 

明日のブログは石井宏樹担任助手による高1・2生MVPの発表です。

努力の天才ジェクトの真っ只中で一番の努力者は誰なのか!?

皆さん是非ご覧ください!!