【学部紹介】早稲田大学国際教養学部とは? | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2016年 8月 30日 【学部紹介】早稲田大学国際教養学部とは?

こんにちは!早稲田大学国際教養学部1年の大久保です!

今日は「大学学部紹介」ということで、僕の通う早稲田大学国際教養学部について2つの観点から紹介します!

 

その1:授業がすべて英語で行われる?

国際教養学部は、英語をとにかく勉強する学部だと思っていませんか?

答えはNOです!

この学部は、英語「を」ではなく、英語「で」勉強をする学部です。

 

このことは入学前からずっと言われていたので知っていましたが、正直「ほんとかよ?」って思っていました。

約3ヶ月この学部に通って分かったことは、全部授業が英語というわけではないということです。

 

なんだ全部じゃないのかよと思った人もいると思いますが、

実際、9割の授業が英語で行われます。

後で詳しく説明しますが、演習科目・一部の第2外国語の授業・一部の統計学の授業・オープン科目は日本語で行われます。

その他の授業は完全に英語しか使いません。

授業中のディスカッション・質問等は全て英語ですし、課題も全て英語で行われます。

 

この学部の共通語は日本語ではなく英語です。

授業は英語ですし、日常会話も英語で行われることがしばしばあります。

日本にいながら、留学しているような感覚を毎日感じることのできる学部です。

 

 

その2:どんな授業をやるの?

経済学部では経済を勉強するし、法学部では法律を学ぶというのは分かると思いますが、

国際教養学部と聞いて、どんな勉強をするのかイメージがつきますか?

実際、僕も入学前まではさっぱり分かりませんでした。

なので、今日はできるだけ詳しくつたえようと思います。

 

まずはじめに、僕の1学期の時間割を紹介します。

国際教養学部1年生の授業は2つの必修と3つの選択必修から構成されます。

必修は①英語 ②統計学です。

選択必修は①入門科目 ②第二外国語 ③基礎演習です。

 

国際教養学部の特徴は授業コマのほとんどが選択必修だということです!

選択必修というのは必修と違い受ける授業の指定はないですが、いくつか用意された授業から必ず○個授業を取らなければいけないといった感じのものです。

必修科目・選択必修科目のそれぞれの特徴についてこれから説明していきます。

 

必修科目について

①英語

先ほど、英語「で」勉強をする学部と紹介しましたが、英語「を」勉強する授業もあります。

ただし、TOEICやTOEFLなどのスコアによっては必修の英語を免除される人もいます。

学部にいる人の特徴柄、免除の人のほうが多いですが僕は免除をとれませんでした・・・泣

(2学期は免除の資格を手に入れました!!!!!)

 

この必修の英語の授業は週に5コマあります(時間割のの授業です)

内訳としては・・・

Writingの授業が1コマ

Listeningの授業が1コマ

Readingの授業が1コマ

Gereral Tutorial Englishが2コマとなっています!

 

Writing・Listening・Readingの授業は文字通り、その3つのスキルを高めるための授業です。

これらは学問の場でどう英語を使うかということを学ぶ授業です。

この学部は英語「で」学ぶ学部ですので、どう英語「で」学ぶかを学ぶ授業と考えてください。

授業は10〜15人の少人数クラスディスカッション中心です。

 

General Tutorial Englishは早稲田大学が全学部に向けて開講している授業です。

この授業の特徴は超少人数クラスという点で、学生が3〜4人でネイティブの先生が1人の英会話中心の授業です!

 

 

②統計学

統計学とは、様々なデータから規則性や不規則性を見つけるための学問です。

微分や積分などを使うので、数学が苦手な僕は今学期は逃げて、来学期に受けることにしました。

統計学の授業は日本語か英語の2種類あるのでどちらかを選ぶという形をとります。

 

 

選択必修科目について

①入門科目

この学部の最も大きな特徴はリベラルアーツ教育です。

リベラルアーツ教育とは、文系・理系の区分関係なく幅広く学び知識を得た後に専門を決めそれを深める教育です。

 

リベラルアーツ教育では、幅広く浅く学問に触れることでその学問について知り、その後専門を決めるというプロセスを踏みます。

自分の将来が曖昧な人には特にオススメの学部です!

 

入門科目は7つの分野から最低3分野をまたいで4つの授業をとります。

つまり、最大で4分野の学問に触れることになります。

 

7つの分野とは…

1Life, Environment, Matter, and Information(生命・環境・物質・情報科学)

2Philosophy, Religion, and History(哲学、思想、歴史)

3Economy and Business(経済、ビジネス)

4Governance, Peace, Human Rights, and International Relations(政治、平和、人権、国際関係)

5Communication(コミュニケーション)

6Expression(表現)

7Culture, Mind, and Body, Community(文化、心身、コミュニティ)

 

この7つの分野から最大で4分野学ぶことになります。

経済〜生物まで幅広い科目が用意されているので、自分が興味のあることしか学ばなくていいのが特徴です!

 

 

②第二外国語

中国語・韓国語・スペイン語・フランス語・ドイツ語などから1つ言語を学びます。

1学期と2学期で学ぶ言語を変えることもできますが、基本的には1年通して同じ言語を学ぶことになります。

 

授業は週2回の通常授業と週4回のインテンシブ(集中的)授業の2種類があります。

インテンシブのクラスを取れば本格的に学ぶこともできるので、英語+αの言語を在学中に習得する人もたくさんいます。

授業で使う言語は英語・日本語・各第二外国語の3つです。

僕のとっていたスペイン語の授業は月曜日が日本語、木曜日がスペイン語と英語で行われていました!

 

③基礎演習

基礎演習科目は、セミナーと言われるもので、英語と日本語でそれぞれ1つずつ少人数で学ぶ授業となっています。

 

学ぶ内容としては、入門科目と同様に幅広く用意された授業の中から自分の興味のあるものを1つ選んでその基礎を学ぶという形になります。

このセミナーでは、少人数授業を活かしたグループワークやディスカッション、プレゼンテーションを通して1つの学問を深く学びます。

 

この基礎演習や入門科目を通して、幅広い知識を手に入れて、3年生以降の専門的な学びに入っていくというプロセスをたどっていきます。

 

 

その3:その他の特徴

・1年間の留学が必須

・生徒の約30%が留学生

・先生の約50%が海外出身

 

このように国際教養学部は、国際色が強くてとてもユニークな人が多い学部です!

刺激的な毎日を過ごすことになるので、ほんとに楽しい学部です!

このブログでは書ききれないほど魅力ある学部なので、もっと話を聞きたい人はぜひ校舎で聞いてください!

 

明日のブログは、眞島担任助手でおすすめの勉強法についてです!

あしたも読んでください!!