【学校と東進の両立】最強の学校活用法はこれだ! | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2017年 3月 2日 【学校と東進の両立】最強の学校活用法はこれだ!

 
 
こんにちは!早稲田大学国際教養学部1年大久保です!
 
が降っていて、嫌な天気が続いていますね…
傘を忘れてびしょぬれで家に帰る…そんなことがないようにしましょう!
 
さてさて、今日のブログは「学校と東進の両立の仕方」ということで、学校の授業・テストとの上手い付き合い方について
お話をしていきたいと思います。
 
学校の授業・テストとの上手い付き合い方それは・・・
 
復習のツールとして使うこと
 
です!!
 
みなさん、学校の授業やテストをただこなすだけで終わってませんか?
 
「めんどくさいからテストてきとうに…」
とか
「授業は睡眠時間」
だなんて思っている人いませんか?
 
はっきり言って、
もったいないです!!
 

授業が50分で毎日5コマあるとしたら、50分×5で250分もの時間があります!

その約4時間を何もせずにただ過ごしている人と少しでも有効活用しようとする人、どっちがより学力を伸ばせるでしょうか。

 

ではどうやって有効活用するのか・・・

それが復習のツールとして使うことです!

 

例えば、日本史を例にとると分かりやすいかもしれません。

東進で日本史を勉強している人は90分×2or4コマで大体1つの時代を学習できます。

でも学校のペースでは1学期使って、2~3つの時代を学習することになると思います。

 

なので、すでに東進で習っている範囲を学校でまた習っていることが多いのではないでしょうか。

日本史はやらないとすぐ忘れてしまうのをみなさんはよく知っていると思います。

 

その学校の授業を復習のとして、集中して聞ければ絶好の復習の機会だと思います!

東進で先取り学習をして、学校で復習をする。

これが最強の学校との両立方法だと思います!

 

今は日本史を例に出して話しましたが、日本史だけではなく他の科目にも当てはまると思います!

授業だけではなくテストも同じように活用できると思うので、

東進で先取り学習をして、学校で復習をする。

これを意識して今後学習していってください!

 

あしたのブログは真島担任助手で学校と東進の両立の仕方(部活編)です。

高3の10月まで部活を続けていた真島担任助手はどのように東進と両立していたのでしょうか!

ぜひ読んでください!