【受験体験記】3つの体験と受験生へ激励!!石坂ver. | 東進ハイスクール新百合ヶ丘校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 9日 【受験体験記】3つの体験と受験生へ激励!!石坂ver.

こんにちは!

明治大学理工学部2年石坂です!

今日は寒いですね~。受験生のみなさんは手足が冷えないよう、暖かくして過ごしてください!

今回は受験体験記ということで、コレ!といった大きなエピソードがないので小話を3つほど書いていきたいと思います!!

①二日連続受験はめちゃ疲れる!!

自分は2月1週目に明治,上智と、試験が2日連続でありました!!

1日目、朝から晩まで緊張し、慣れない電車に乗り、試験を終え、家に帰る。

肉体的に疲れるというよりかは、精神的にとても疲れます。

その結果、2日目は計算ミスが多発し、非常に悔しい思いをしました。

試験日程がうまく調整できれば良いのですが、そうもいかない場合があります。

2日目に疲れを極力残さないために、1日目ゆっくり休みましょう!

 

②電車の中では受験生がいっぱい!

帰り道、試験を終えた学生がどっと駅に詰め掛けます。

そのなかで行われるのが・・・

「テストの答えあわせ!」

自分は友達と答え合わせするのがあまり好きではなかったので、イヤホンガンガンで家に帰っていました笑

答え合わせをしたほうが気がすむ人は思う存分話しましょう!!

ただ、試験結果に手ごたえを感じていない人もいるので、周りをみてちゃんと配慮しましょうね!

 

③チョコに注意!

私はリラックス効果とルーティンワークとして受験会場にチョコを持って行ってました。会場にチョコを持ってきている受験生も少なくはないんじゃないでしょうか?

チョコは摂取すると頭の回転がよくなりますが、実はかなり一時的なものとも言われています。

このチョコ、あまり取りすぎると、受験室の暖房と試験のストレスで・・・

鼻血がでてしまいます。

実際に僕の教室では鼻血を出した受験生がおり、少々試験開始時間が延びたこともありました。

チョコ過剰摂取は要注意です!!

 

とまぁ、3つほどあげさせて頂きました!!

最後に受験においてなにが一番後悔するか、それは自分の実力が100%出し切れなかったときだと自分は思います。

実力100%出し切ったのなら、もし満足のいく結果が得られなかったとしても、ただ実力が足りなかったのだと自分を受け入れることができます。

しかし、実力が100%でなかったとき、もし自分の実力100%発揮できていたら結果がどうなっていたかどうかすらわからない、なんともやりきれない気持ちになります。

今色々な状況にいる、そのなかでもなんとか「やりきった!」と思える時間を過ごしてください。そうすれば自ずと結果はついてくるはずです!

いよいよ今年の試験も終盤、一人でもより良い結果が得られるよう、校舎から応援しています!

明日のブログは春日担任助手による新高1,2生MVPです!お楽しみに!